読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らどこの消費生活 続き

脂肪いっぱい幼稚社会人♂。消費とヒゲドライバーのメモ

SSD + 外付ケース

CFD販売で中身は東芝のHG5dというSSD CSSD-S6T256NHG5Q と
http://www.cfd.co.jp/ssd/s6tnhg5q.html
USB3.0接続UASP対応7mm厚用のSSDケース CSS25U3BK6G-7MM を
http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-case/25ssdusb30/css25u36g-7mm.html
買いました。

Windows8+H77環境の簡易ベンチです。
現在OS入れて運用中のPlextor M3P 128GB
f:id:ladoco:20130420231037p:plain
HG5dをSATA接続して
f:id:ladoco:20130420231038p:plain
HG5dをUSBケースに入れて
f:id:ladoco:20130420231036p:plain
SATA環境だと4K(QD1)が公称より低めです。
USB環境ではシーケンシャルはそんなに変わりませんが、4K(QD1でも32でも)の落ちがあります。

また、20GBのVHDファイル1個を転送してみました。
環境: Windows8+H77+PX-128M3P ←→ HG5d 256GB in USB3.0ケース
  新ケース:  PC ← USB 319MB/s,  PC → USB 334MB/s

PC-USB間のボトルネックにより335MB/sあたりで頭打ちですね。USBケースにSSD入れて外部ストレージとして運用する場合は、ライト性能がこんくらいのものを選べばじゅうぶんということでしょうか。

あと、このUSBケースを通したSSDに対してもWin8の標準デフラグでtrimが発行されているようです。今までのケースでは発行されなかったような?

広告を非表示にする