らどこの消費生活 続き

脂肪いっぱい幼稚社会人♂。消費とヒゲドライバーのメモ

液晶モニター

NEC LCD-E221Nを買いました。

MultiSync LCD-E221N/LCD-E221N-BK : ディスプレイ | NEC

・重いけどスタンドはしっかりしている
・なぜか付属のねじを手で回して台座とスタンドを固定するのに苦労した
・非表示領域最小製品に慣れているとちょっと非表示領域が広く感じる。下側のベゼルは気にならない
・ECOモード2だかで運用してみたがそのときの輝度(40%)でもちょっと明るい
ドット抜けなかった~

変換器

PS/2のリアフォをUSBにする変換器を買いました。

USB-CVPS1【USB-PS/2コンバータケーブル】使い慣れたPS/2マウスまたはキーボードをUSBに接続できるコンバータ。 - サンワサプライ株式会社

Haswell世代のPCで試しましたが、BIOSにも入れますし、キーボード入力に問題が生じるようなことは感じませんでした。一方で、そのPCはCtrl+Escで電源をONする機能があるのですが、それは機能しなくなりました(そりゃそうだ)。


ちなこれも動きました。音声まででました。

DVI−HDMI変換プラグ VIS-P0303 05-0303オーム電機ダイレクト

液晶モニターのサイズ

スタンド機能が充実している狭ベゼル液晶モニターのサイズをまとめてみました。
現在、EIZO EV2450 * 2 (23.8インチ)を使っていますが、NEC LCD-E221N * 2 (21.5インチ)に交換したい気もします…
物理的なサイズがちょっと大きくて机が手狭なのと、23.8インチのフルHDって、古いWindowsが想定していた96DPIよりもちょっとドットが大きくて、それならちょっと小さい21.5インチでいいんじゃないかって気分になるんですよね。

f:id:ladoco:20160929132720p:plain

追記: EV2451がでましたがまとめるの面倒
追記: LCD-E221Nを買いました

Windows 10 Anniversary Update (Redstone 1)でのモダンスタンバイの挙動

Windows 8.1時代に、InstantGo(Windows 10でいうところのモダンスタンバイ(Wi-Fi接続あり))に対応しているSurface Pro 3の電源オプションの隠し項目について記事を書きました。
Windowsの電源オプションで設定可能な項目を増やす - らどこの消費生活 続き
これは、デフォルトでは"スリープ後4時間たったら休止状態に移行する"という設定だったのを変えるためのtipsでした。

さて、Windows 8.1から10にあげ、さらにAnniversary Update (Redstone 1)を適用してからスリープを試したところ、上記とは別の原理で、自動的にスリープから休止状態へと移行しました。どうやら"adaptive hibernate"というもののようです。
Adaptive hibernate - Windows 10 hardware dev

これもまた、設定値が電源オプションには表れないもののようです。
レジストリーだと以下のところにあるようですが、実際のところ、値を変えたらどうなるかは、確かめてはいません。

 ・StandbyBudgetPercent
  (スタンバイ中に消費してもよい単位時間あたりのバッテリーの割合 (%))
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\8619B916-E004-4dd8-9B66-DAE86F806698\9FE527BE-1B70-48DA-930D-7BCF17B44990

 ・StandbyReserveTime
  (※MSDNの説明とぴったりあうものは見つかりませんでした)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\8619B916-E004-4dd8-9B66-DAE86F806698\49CB11A5-56E2-4AFB-9D38-3DF47872E21B

 ・USERPRESENCEPREDICTION
  (※MSDNの説明にあうものは見つかりませんでした)

f:id:ladoco:20160804191616p:plain

アナログ映像端子に無線映像を転送

ノートPCやタブレットをプロジェクターにつないでプレゼンするようなケースで、プロジェクターにD-Sub端子しかないが、どうしてもMiracastで映像を飛ばしたいというときの解決例。

f:id:ladoco:20160728192443p:plain

  ・Microsoft ワイヤレス ディスプレイ アダプター (初代) CG4-00009 (Miracast→HDMI, USB Type-A給電)

  ・SANWA SUPPLY HDMI信号VGA変換コンバーター VGA-CVHD1 (HDMI→D-Sub, USB Type-A給電)
    * 給電を必要とするタイプのもののほうが、うまくいきそう
    * この製品はアナログ音声端子もあるので、ケーブルを足せば音声も飛ばせる

  ・BuffaloのUSB充電器 (USB Type-A 500mA * 2口)
    * モバイルルーターでもよし
    * PCのUSB端子を使用してもよいが、それだとPCとアダプターが近くなって意味なし

って、前にも同じ事を書いてた…
http://ladoco.hatenablog.com/entry/2015/04/04/184320
じゃあ実際にやってみた写真を。

f:id:ladoco:20160728185412j:plain


あれ? いつの間に、Hyper-Vの仮想スイッチを作っていてもMiracastでつながるようになっている! たぶんMiracastアダプターのファームウェアWindows 10をアップデートしたからでしょう。